割と分かりきってたので後悔はしていない。

生きてるよ。どうも他色々です。

極一部で話題だったプロジェクトケルベルスとトウィンクルクイーンを買ったのですよ。もうずいぶん前ですけど。

どちらも発売前から出来が心配され、事実微妙な仕上がりとなってしまったこの二作の良い所をあえて褒めようと思う。このご時世に格闘ゲームで殴りこみをかけてきたマイルストーンの心意気には感服せざるを得ない。

プロジェクト ケルベルス
マイルストーン
2010-08-26


Amazonアソシエイト by プロジェクト ケルベルス の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

・3DCGで描かれたキャラクターがロボットみたいでカッコいい!!
ただし、プリレンダ取り込みなので少々潰れてしまっている。また攻撃モーションや挙動に違和感を感じる。

・最近のコンボゲーを意識したゲーム性
ただし、一見キャンセルがかけられそうな技がキャンセル対応してなかったり、超必殺技の出が遅いものが多くコンボに組み込みづらかったりする。コマンドが重複する必殺技が暴発しやすい。

・ストーリーモードはただ単にCPUを倒すだけではなく、物語がテキストベースで進むので原作「LOSTCHILD」未プレイでもだいたいの話の流れが掴めるようになっている点が◎
ただし、ものすごく端折られている気がする。最後までプレイしてもよく分からなかったことがチラホラ。原作未プレイにつき再現度は不明。

うん、褒めづらい。なんとなくスペクトラルVSジェネレーションを思い出したけど全然違った。

次行ってみよう次!

トウィンクル クイーン
マイルストーン
2010-08-26

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by トウィンクル クイーン の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

・3DCGで描かれたキャラクターがカッコいい!!
ただし恐らく原作で非戦闘員だったキャラのモーションがムリヤリ過ぎて泣けてくる。

・ゲージを消費することでダッシュキャンセルできる。
固めゲーです。最初はチェーンコンボ→ダッシュやってるだけで永久になるかと思ったけどそんなことなかった。でもちょっと頑張れば永久になりそう。

プロケルもトウィンクルクイーンも思ってたより楽しめるとも言えるし、ネタにするほどの出来でもないとも言える。どちらも原作を知らないんで知ってたらもっと楽しめてたんでしょうかねえ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック