ゲーム環境が充実

アップスキャンコンバーターも買いました。

要はHDMI端子とかVGA端子とかついてないゲーム機(PS2とかWiiとかドリームキャスト)の画面をPC用モニターに映し出す装置です。
TVチューナー機能ついてない下位モデルもあるけどあまり評判が良くなかったのでコレを採用。

設定は面倒だけど、結構満足してます。フルHDに対応してていい感じ。
弄った中で一番キレイにゲームができた設定はこんな感じ。

PTV-TVBOX2(アプコン)側
・映像設定
画面が暗かったので、「明度」「コントラスト」「彩度」「シャープネス」をそれぞれ60、その他は初期設定
ゲームによって微妙に違うようなので調整必須?
・ディスプレイ設定
ディスプレイイメージ:アスペクト比
アスペクト比:4:3
・画質モード
ゲーム
・解像度
1920×1080

RDT231WLM-D(ディスプレイ)側
アスペクト比固定機能で4:3に固定、その他は初期設定

画質は若干滲みが気になるけど、赤白黄色のコンポジット端子が原因だと思われるんでS端子を買おうかな。
遅延は極稀に違和感を感じる瞬間がありますがどうなんでしょ?ブロッキングも普通にできたし、常に違和感を感じるほどではないです。

コレで挙動が怪しい旧式のテレビもお役御免。

この記事へのコメント

奴等
2010年02月11日 18:41
やはりアップスキャンコンバータはこれが魅力的よね。
ちょっと聞きたいんだけど、Pinp機能の使い勝手はどうですかね?
機能だけでいうならマジかよゲームライフの夜明けやでと思いましたが、
インターネットを同時に使うとかなり重くなったりします?
2010年02月14日 19:05
コメントに気付かなかったのです。
コンセントの数が足りなくてPinp機能は使った事ないので分かりません。PC側はアップスキャン処理をしてないと思うので、PC側のせいで映像が乱れることはないと思いまする。
ゲーム画面が大きく速く変化すると処理落ちするようです。

例)ストIIIの豪鬼がハイジャンプ中に竜巻斬空脚

この記事へのトラックバック